ここから本文です

受刑者操作の草刈り機出火 市原刑務所

6/7(水) 9:47配信

千葉日報オンライン

 市原刑務所(千葉県市原市磯ケ谷)は6日、除草作業をしていた男性受刑者が操作していた草刈り機から出火する火災が発生したと発表した。

 同所によると、5日午後2時5分ごろ、同所農場内で、男性受刑者が自走式の草刈り機を使って除草作業をしていたところ、草刈り機から出火。すぐに職員が消火器で消火した。建物への延焼やけが人はなかった。草刈り機の燃料キャップが完全に閉まっていなかったため、ガソリンが気化したことが原因とみられる。

 高橋昌也所長は「刑事施設でこのような事案が発生したのは遺憾。今後、農場器具などの管理に万全を期し、再発防止に努める」とコメントしている。