ここから本文です

ホークス柳田、10Mサヨナラ打の翌日は145M弾「もっとちゃんと打球を飛ばします」有言実行

6/7(水) 19:24配信

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ヤクルト(7日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの柳田が宣言通りの豪快なアーチを放った。0-0の3回、2死一、二塁で石川が投じた初球スライダーを右翼席へ運ぶ12号3ラン。最上段の奥の壁に「145M」の表示がある付近に飛び込む特大の先制弾だった。

【写真】パンチパーマをあてた柳田、そのワケは…

 6日の試合では三塁線へ推定飛距離10メートルのサヨナラ内野安打を放ち、お立ち台で「明日はもっとちゃんと打球を飛ばします」と約束。その言葉通りにちゃんと打球を飛ばした柳田は「1打席目(一ゴロ)でボールとの『間』がとれていなかったので、この打席は『間』を少し長くとるようにして自分のドンピシャのポイントで打てた。(先発の)石川を援護できてよかった」と胸を張った。飛距離を14倍以上に伸ばし、自己最長を更新中の連続試合安打は19に伸ばした。

西日本スポーツ

最終更新:6/7(水) 19:39
西日本スポーツ