ここから本文です

ジダン・レアルは“史上最強“のチーム? ペップ・バルサ、サッキ・ミランをも上回る圧倒的評価

6/7(水) 12:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

サッカー史に残るチームに

今季リーグ戦、チャンピオンズリーグのダブルを達成したジネディーヌ・ジダン率いるレアル・マドリードの評価が異常なほど上昇している。

ペップ・バルサに続くジダン・マドリーの”黄金期”誕生へ!?

ジダンが指揮を執り始めたのは昨季途中からで、まだ1年半程度しか経っていない。しかしその間にレアルはチャンピオンズリーグを2度、リーグ戦、UEFAスーパーカップ、クラブワールドカップと多くのタイトルを獲得。チャンピオンズリーグでは史上初の連覇となり、今のチームはサッカー史に名を刻む成績を残している。

そこでスペイン『MARCA』は、「歴史上最高のチームはどれか」とアンケートを取っている。今回同メディアが候補に挙げたのはアリゴ・サッキ氏が率いた80年代後半から90年代前半のミラン、ヨハン・クライフ氏が率いたアヤックスとバルセロナ、ジョゼップ・グアルディオラが率いたバルセロナ、フランツ・ベッケンバウアー氏やゲルト・ミュラー氏が活躍した1970年代のバイエルン、1950年代にチャンピオンズカップ(今のチャンピオンズリーグ)を5連覇したレアル、そしてジダン率いる現在のレアルの7チームが候補だ。

その結果、最も票を集めたのは現在のレアルで62%、2番目に多かったのが5連覇時代のレアルで18%、次いでグアルディオラ率いる黄金期バルセロナで12%、その次がサッキ氏のミランで5%だった。ジダンのチームがチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げたばかりということもあって評価が急上昇している最中なのは事実だが、それでも非常に高く評価されている。

ジダン率いるチームはわずかな期間でサッカー史に残る最強チームの1つに数えられているようだが、ここから黄金期が始まるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合