ここから本文です

「ほうじ茶」人気で市場拡大 ラーメンやスイーツにも進出

6/7(水) 11:40配信

AbemaTIMES

 煎茶に番茶、抹茶など、数多くの種類が存在する日本のお茶。さまざまな種類がある中で、同じ原料の茶葉が、製造方法によって緑茶やウーロン茶、紅茶などに生まれ変わる。

 今、女性を中心に話題になっているのが「ほうじ茶」だ。最近は、ほうじ茶を使ったさまざまな商品も出回っているが、その人気は一体、どれほどなのか。

 ほうじ茶飲料市場の売上高水位(伊藤園調べ)を見ると、全メーカーのほうじ茶飲料の売り上げ金額の推移では、2005年の20億円から2008年には140億円と飛躍的に売り上げを伸ばし、その後も年々右肩上がりを続け、2016年には320億円も売り上げている。

 伊藤園の広報に話を聞くと、「ほうじ茶」人気の要因として「ストレスのない香ばしさを楽しめる」「強い味わいが苦手な方でも雑味が少ないやさしい味わい」「ミネラルウォーターなどへの物足りなさから」が挙がった。

 人気上昇中のほうじ茶だが、最近は関連商品も人気。スターバックスコーヒーで発売以来ヒットし続けているのが「ほうじ茶ティーラテ」(ショートサイズ・410円~)だ。ほうじ茶にシロップとミルクを加えて飲むという斬新なスタイルが話題になっている。

 また、2016年3月にオープンした15種類ものお茶が味わえる専門店「茶CAFE竹若」では、充実したほうじ茶メニューが楽しめる。

 香ばしさが際立つ茎の部分だけを遠赤外線で焙煎したという「茎ほうじ茶」(650円)の他に、アイスクリームやゼリーにほうじ茶を使った「ほうじ茶パフェ」(980円)や香ばしいほうじ茶のシロップを幾重にも重ね、濃厚なほうじ茶入りのティラミスをのせた新感覚のかき氷「ほうじ茶ティラミス」(980円)など、スイーツも充実。また、このカフェではお酒好きにはたまらない、ほうじ茶をむぎ焼酎で割ったチューハイ「ほうじ茶ハイ」(730円)も飲むことが可能だ。

 スイーツからお酒にまで広がり続ける「ほうじ茶」だが、その波はなんと、ラーメン店にまで押し寄せている。

 「MENSHO TOKYO」が「ラム豚骨ラーメン」(750円)に振りかけているのは、粉末状のほうじ茶。同店の店長に話を聞くと「(ほうじ茶が)ラム肉のくさみを隠すので、かなり相性が良い」と話す。ほうじ茶がラム肉の独特のにおいを抑え、スープをまろやかにしてくれるというのだ。

 他にも、ほうじ茶をイメージした香水「J-Scent『ほうじ茶』50ml 3500円(税別)」まで登場。これは、発売してわずか1週間で完売になったという。

1/2ページ

最終更新:6/7(水) 11:40
AbemaTIMES

Yahoo!ニュースからのお知らせ