ここから本文です

ナダルがカレーニョ ブスタの途中棄権で準決勝進出 [全仏テニス]

6/7(水) 19:27配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の男子シングルス準々決勝で、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第20シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦。ナダルから6-2 2-0の時点でカレーニョ ブスタが棄権したため、ナダルのベスト4進出が決まった。試合時間は50分。

ナダルがティームを倒し、クレー3大会連続優勝 [ムトゥア マドリッド・オープン]

 この結果でナダルは、カレーニョ ブスタに負けなしの4連勝となった。前回の対戦は昨年2月のリオデジャネイロ(ATP500/クレーコート)の1回戦で、ナダルが6-1 6-4で勝っていた。

 全仏オープンに13年連続出場となるナダルは、史上最多となる9度の優勝を誇る。昨年は3回戦に進出したが、左手首の故障で棄権していた。

 ナダルは準決勝で、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第6シードのドミニク・ティーム(オーストリア)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 04: Rafael Nadal of Spain plays a forehand during the mens singles fourth round match against Roberto Bautista Agut of Spain on day eight of the 2017 French Open at Roland Garros on June 4, 2017 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6/7(水) 20:14
THE TENNIS DAILY