ここから本文です

ジョコビッチ 全仏OP4強ならず、ストレート負けで準々決勝敗退<男子テニス>

6/7(水) 20:29配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は7日、男子シングルス準々決勝が行われ、昨年覇者で第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は第6シードのD・ティーム(オーストリア)に6-7 (5-7), 3-6, 0-6のストレートで敗れ、7年連続のベスト4進出とはならなかった。

【錦織vsマレー 1ポイント速報】

この試合、序盤からティームの強打に苦しんだジョコビッチは、第3ゲームで先にブレークを許す。互いに2度ずつブレークして迎えた第10ゲームでは、2本のセットポイントを握るも活かせず、タイブレークを落として第1セットを先取される。

ティームに1ブレークを守られて第2セットを落としたジョコビッチは、第3セットでも反撃の糸口を見出すことが出来ず、ストレートで敗れた。

過去の全仏オープンでは4度決勝進出。昨年は、決勝でA・マレー(英国)を下して大会初優勝を飾り、史上8人目の生涯グランドスラムを達成した。

今季グランドスラム初戦の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では、2回戦でD・イストミン(ウズベキスタン)に敗れる大波乱に見舞われた。その後、早期敗退が続いたが、前哨戦のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)では準優勝を飾っていた。

一方、2年連続のベスト4進出を果たした23歳のティームは準決勝で、第4シードのR・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは、準々決勝で対戦した第20シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)の途中棄権により、ベスト4進出を果たしている。

tennis365.net

最終更新:6/7(水) 20:55
tennis365.net