ここから本文です

日ハム斎藤佑、4回途中8安打5失点の炎上KO 無念の降板で2勝目ならず

6/7(水) 19:26配信

Full-Count

4回もたずに降板、2番手エスコバーも打たれて失点は「5」に

 日本ハムの斎藤佑樹投手が7日の本拠地・広島戦に登板。今季2勝目を狙ったが、4回途中で降板して白星はならなかった。

 斎藤佑は初回、2死から丸を歩かせるも、鈴木は空振り三振。早くもガッツポーズを繰り出した。その裏にはレアードが先制打。斎藤佑を援護した。

 しかし、直後の2回、先頭の安部にフェンス最上部直撃の三塁打を許すと、2死を奪ってからバティスタにはフォークを完璧に捉えられ、左翼席上段へ飛び込む特大逆転2ランを許した。

 3回には1死一、二塁から鈴木にセンターへのタイムリーを許して3失点目。先頭打者の田中がヒットの後に盗塁死していたため、4連打で追加点を奪われた。

 日本ハムは3回に再びレアードがタイムリーを放ち、1点差とするも、斎藤佑は立ち直れない。4回は松山はセンター前ヒット、バティスタにはフェンス直撃の二塁打を浴びて無死ニ、三塁に。ここで無念の降板となった。

 2番手エスコバーは連打を許して走者を返し、斎藤佑の失点は「5」に。3回0/3を8安打5失点と炎上し、2勝目はならなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/7(水) 19:26
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/22(金) 9:15