ここから本文です

認知症、児童も理解を 高鍋東小で初の養成講座

6/7(水) 10:57配信

宮崎日日新聞

 認知症への理解を深め、他者を思いやる心を育もうと高鍋町・高鍋東小(野崎憲次校長、644人)で5日、認知症サポーター養成講座があった。同講座を町内の学校で行うのは初めてで、6年生約110人が参加。劇やクイズ、グループワークを通して症状や声掛けの仕方などを学んだ。

宮崎日日新聞

最終更新:6/7(水) 10:57
宮崎日日新聞