ここから本文です

藤井聡太四段 無傷の21連勝

6/7(水) 15:48配信

ホウドウキョク

史上最年少でプロ入りして以来、無傷の20連勝を記録している、将棋の藤井聡太四段(14)が大阪で対局し、連勝記録を21に伸ばした。
小雨が降る中、対局開始の1時間ほど前に会場入りした、中学生プロ棋士・藤井聡太四段は、7日午前10時に、21連勝がかかった対局に臨んだ。
プロ入り15年以下の若手棋士が参加する大会の1回戦で、藤井四段は都成竜馬四段(27)と対戦した。
7日の大会はトーナメント形式で、1日で最大3局行われるため、藤井四段が勝ち続ければ、連勝記録を23に伸ばし、歴代3位タイの22の連勝記録を持つ、羽生善治三冠を一気に抜き去る可能性もあり、注目が集まっている。
対局はおよそ1時間で終了し、連勝記録を21に伸ばした藤井四段は、午後1時から、阪口 悟五段(38)と対局する。

関西テレビ/FNN

最終更新:6/7(水) 15:48
ホウドウキョク