ここから本文です

「退位」法案が参院特別委で可決

6/7(水) 23:40配信

ホウドウキョク

天皇陛下の退位に関する特例法案が、参議院の特別委員会で審議・採決され、賛成多数で可決された。
特別委員会では、正副議長も出席する中、審議が行われ、その後、採決が行われた。
そして、特例法案は、採決を棄権した自由党を除く、各党各会派の全会一致で可決された。
一方、政府に女性宮家の創設の検討を求めることを盛り込んだ、付帯決議案も可決されたが、自民党の有村治子議員が反対した。
審議で菅官房長官は、女性宮家の創設について、「先延ばしすることができない重要な課題だ」と述べる一方で、皇位継承については、「男系男子というものであるので、そこはしっかり引き継いでいきたい」と述べた。
法案は、9日の本会議で可決、成立する見通し。

最終更新:6/7(水) 23:40
ホウドウキョク