ここから本文です

親しまれ来館300万人 文学館、32年で大台達成

6/7(水) 10:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 鎌倉文学館(鎌倉市長谷)の来館者が6日、300万人を達成した。開館から32年で大台に乗った。

 300万人目となったのは、水戸市から友人と訪れた大森彰子さん(48)。鎌倉観光は初めてで、庭園のバラや洋館を見ようと立ち寄ったという。富岡幸一郎館長から花束を受け取った大森さんは「300万人目なんてびっくり。いい日に来館できた。また来てみたい」と笑顔だった。

 同館は1985年に開館し、毎年10~11万人が来館。鎌倉ゆかりの作家の原稿や愛用品の展示のほか、前田利家の系譜に連なる旧前田侯爵家の別邸だった本館やバラ園、各種イベントが人気を集める。

 富岡館長は「鎌倉ならではの文学展示が喜んでもらえているのではないか。今後も多くの人が、文学そのものに親しめるようにしたい」と話した。