ここから本文です

粘りきれなかった巨人・菅野智之

6/7(水) 11:00配信

ベースボールキング

 6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 西武 - 巨人戦』の解説を務めた石井一久氏が、同日に行われた西武戦に先発した巨人のエース・菅野智之の投球を分析した。

 3点リードの6回、菅野は先頭の中村剛也に粘られながらも140キロのカットボールで空振り三振に打ち取る。中村を三振に斬って取った菅野だが石井氏は「使える球種が少なくなっているので、粘られているところがありますね」と指摘。

 すると、続く栗山巧に3ボール2ストライクから7球目のスライダーを捉えられ一発を浴びた。この被弾に石井氏は「スライダーを続けていたので、段々中に入り始めた」とし、「キャッチャーの小林君にしても信用できる球が、どれだけあるかということをバロメーターにサインを出していると思う。今日は勝負できる球が若干少ないと判断しているんではないですかね」と分析した。

 さらに菅野は、7番メヒアにフェンス直撃の二塁打、外崎修汰に四球を与え一、二塁にしてしまう。ここを踏ん張りたい菅野だったが、炭谷銀仁朗にスライダーをセンター前に運ばれ、二塁走者・メヒアの生還を許した。石井氏は「考えてのスライダーだったと思うんですけど、いっぱいいっぱいだった。いっぱいいっぱいになっているときこそ、変化球でかわしてはいけない場面。精神論になってしまいますが、力で勝ちにいかないと。かわしにいったら捉えられてしまう。僕はこの場面、力勝負でいって欲しかったなと思います」とストレートで炭谷を抑えにいくべきだったと話した。

 続く金子侑司を一ゴロに打ち取ったが、三塁走者・外崎の生還を許し、同点に追いつかれた。結局、この日の菅野は6回を投げ、9安打、4奪三振、3四死球、5失点。悪い流れを断ち切るような、ピッチングを披露することができなかった。

 石井氏はこの日の菅野の投球について「解説者としてざっくり言うのは良くないのですが、下半身の使い方が良くない。力が入り切らない感じがある。なので、パワーのあるボールが行っていない感じがするんですよね。球速はそれなりに出ているんですけど、重さが伝わっていない」と振り返った。

 その後、巨人は7回と8回に失点し5-8で敗れ、連敗は11に伸びた。苦しい状況の中、チームを救う投球ができなかった菅野。次回の登板こそ、チームを勝利に導く投球を披露したいところだ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報