ここから本文です

山肌にササユリ開花 古座川町

6/7(水) 17:00配信

紀伊民報

 和歌山県古座川町西川でササユリが咲き始めた。山の斜面などで薄いピンク色や白色の花を咲かせている。

 ササユリは山地に咲き、高さ50~100センチになる多年草。名前は葉がササに似ていることに由来する。

 西川に住む和平勝至さん(77)によると「船原」というバス停留所付近の山の斜面では、幅約100メートルにわたって300本以上が生えている。例年なら5月下旬には咲き始めるが、今年は10日ほど遅れたという。最近、雨の日が少ないためか花が小さめだが、つぼみは多くついている。

 地区全体では約1500本あり、地元住民が草刈りなどをして手入れしている。今年は斜面の前の農道を夜間封鎖しているので、今のところシカの被害がなく、以前のように電気柵は設置していない。

 6日に開花の様子を見に来た同町平井の女性(69)は「写真が趣味で毎年見に来る。ササユリは草むらの中に咲くのがきれい」と話した。

最終更新:6/7(水) 17:00
紀伊民報