ここから本文です

返礼のハワイ旅行など中止 白浜町のふるさと納税

6/7(水) 17:01配信

紀伊民報

 和歌山県白浜町は6日の町議会全員協議会で、急増している町への「ふるさと納税」の返礼品のうち3点について、取り扱いを6月末までに中止すると明らかにした。総務省から「価格が高額なもの」として直接、具体的な指摘があったという。

 3点は、500万円の寄付で選べるハワイ旅行(飛行機はビジネスクラス)、50万円の寄付で選べる白浜町への旅行、海産物を全12回受け取れるというもの。5月24日付で総務省から指摘を受けたという。

 ただ、町総務課によると、返礼品に充てる割合は寄付額の5割で、その調達価格は3割程度。指摘を受けた3点も同様という。

 ふるさと納税を巡っては、一部の自治体間で競争が過熱。こうした事態に総務省は、返礼目当てではなく応援したい気持ちに基づく寄付という本来の趣旨に沿った運用をしてほしいと通知。換金性や資産性が高いものや、寄付額に対する調達価格の割合が高過ぎるものは返礼品にしないよう求めている。

最終更新:6/7(水) 17:01
紀伊民報