ここから本文です

「加賀パフェ」作りに挑戦 庄小で親子教室

6/7(水) 1:13配信

北國新聞社

 加賀市のご当地グルメ「加賀パフェ」に親しむ教室が6日、同市庄小で開かれた。3年生と保護者計36人が、地元の素材をふんだんに使ったスイーツ作りに挑戦し、通常の半量の大きさに仕上げて味わった。

 児童らは、同市産「味(あじ)平(へい)かぼちゃ」の白玉団子や、サツマイモあんのどら焼きなど3品を仕上げた後、用意されたゼリーやアイスなど10種の具材と共に食器に盛り付けた。佐藤聖悟君(8)は「サツマイモの味がしておいしい」と笑顔を見せた。

 加賀市産の野菜や温泉卵を使った加賀パフェを提供する飲食店「くいもん家ふるさと」(小菅波町)の店員鴨出円さん(39)が講師を務め、加賀ご当地グルメ推進協議会が企画した。8月27日にも市セミナーハウスあいりすで、親子向けの教室を開く。

北國新聞社

最終更新:6/7(水) 1:13
北國新聞社