ここから本文です

40周年で式典 石川県消防設備協

6/7(水) 1:08配信

北國新聞社

 石川県消防設備協会の創立40周年記念式典は6日、ANAクラウンプラザホテル金沢で行われ、約120人が節目を祝った。式典に先立つ総会で会長を退いた米沢寛相談役(米沢電気工事会長)は「災害は忘れた頃にやって来る。今後も県民の防災意識向上のため、まい進しよう」とあいさつした。

 協会の発展に貢献した19氏と10事業所が表彰された。谷本正憲知事、原田正司日本消防設備安全センター理事長、小谷正利県消防長会長が祝辞を述べ、受賞者を代表して大地実副会長(大地電業所代表取締役)が謝辞を述べた。

 総会では新会長に長野幸浩副会長(長野ポンプ代表取締役)を選んだ。

 このほかの新任役員は次の各氏。

 ▽副会長 本田昭、嶋田泰嗣▽理事 山森力、松本悟一、新保良介、村本宗和、藤原康之▽監事 生口隆司、早見悟

北國新聞社

最終更新:6/7(水) 1:08
北國新聞社