ここから本文です

ビワ、陽光に輝く 金沢長町

6/7(水) 1:13配信

北國新聞社

 6日の石川県内は高気圧に覆われ、爽やかな青空が広がった。最高気温は金沢24・7度、輪島21・6度など平年並みかやや低くなった。

 金沢市長町2丁目の旧加賀藩士高田家跡では、みずみずしいビワの実が陽光に輝き、初夏の風情を漂わせた。ビワの木は同所が1998年に整備された際に植樹された。

 金沢地方気象台は6日、金沢市で今年初めてシオカラトンボを確認したと発表した。平年と同じで、昨年より8日遅い観測となった。気象台によると、7日は低気圧が朝鮮半島から日本海へ進み、県内は曇りで昼前から雨が降る見込みである。

北國新聞社

最終更新:6/7(水) 1:13
北國新聞社