ここから本文です

長友が伊メディア選出のセリエAワースト11に「残念で期待外れだった」

6/7(水) 16:26配信

SOCCER KING

 イタリア版『スカイスポーツ』が6日、今シーズンのセリエAワーストイレブンを発表し、インテルの日本代表DF長友佑都が名を連ねている。

【動画】テネリフェの柴崎岳が移籍後初ゴール!

 長友は今シーズンのセリエAで16試合の出場にとどまった。先発出場は11試合で、出場時間は1067分と、その数字が低調なシーズンであったことを物語っている。同メディアは長友を今シーズンのセリエAワーストイレブンに選出した理由について、「セリエA(第34節・ナポリ戦での致命的なミス)や、ヨーロッパリーグのサウサンプトン戦で見せた不器用なプレーでインテルの冒険を妥協させたように、残念で期待外れだった」と言及。厳しい評価を下した。

 その他の面々を見てみると、DF4名の内訳がミランから2名、インテルから2名とミラノ勢の不振を象徴するような選出に。前線ではミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカが選ばれたほか、元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノといったベテラン選手も名を連ねている。

 長友にしてみれば不名誉な選出であることは間違いないが、裏返せば今シーズンの長友がそれほど期待されていたということでもある。今夏の放出も噂されている同選手だが、2017-18シーズンで汚名返上のプレーを披露することができるだろうか。

 同メディアが選出した今シーズンのセリエAワーストイレブンは以下の通り。

▼GK
ヨシプ・ポサヴェツ(パレルモ)

▼DF
マッティア・デ・シリオ(ミラン)
ジェイソン・ムリージョ(インテル)
ガブリエル・パレッタ(ミラン)
長友佑都(インテル)

▼MF
マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)
リッカルド・サポナーラ(エンポリ→フィオレンティーナ)
レディアン・メムシャイ(ペスカーラ)

▼FW
アルベルト・ジラルディーノ(エンポリ→ペスカーラ)
カルロス・バッカ(ミラン)
マッシモ・マッカローネ(エンポリ)

SOCCER KING

最終更新:6/7(水) 16:27
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報