ここから本文です

ネイマールが“スペイン人”に? バルセロナ、今夏中のスペイン国籍取得を目指す

6/7(水) 16:51配信

SOCCER KING

 バルセロナは、同クラブに所属するブラジル代表FWネイマールのスペイン国籍取得を実現させたいようだ。6日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 スペインとブラジルの二国間の協定では、スペインに2年半以上居住している市民は二重国籍を申請することが可能。ネイマールは2013年夏にバルセロナへ加入しており、この条件をクリアしている。同紙によると、バルセロナは2年前からネイマールのスペイン国籍取得に関する申請を行っているが、来シーズンの開幕までに承認を受けることを希望しているという。

 同クラブは現在、ネイマールとウルグアイ代表FWルイス・スアレスの2名をEU圏外選手として抱えており、上限3名というリーガ・エスパニョーラの規定には違反していない。ただし、来シーズンに向けては、Bチームに所属するブラジル人DFマルロン・サントスのトップチーム昇格が濃厚となっているほか、今シーズンはスポルティング・ヒホンにレンタル移籍していたブラジル人DFドウグラスが復帰する可能性がある。そのため、“定員オーバー”を回避すべく、ネイマールのスペイン国籍取得の早期実現を目指したい考えのようだ。

 また、ネイマールがEU圏内選手の扱いになると、バルセロナにとっては、新たな外国籍選手の獲得が容易になるというメリットもある。たとえば、同クラブが獲得を望んでいるとされるリヴァプール所属のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョはEU圏外選手だが、移籍に向けた障害が1つ取り除かれることになるというわけだ。

 果たして、ネイマールが“スペイン人”になるというクラブの目論見は成功を収めるだろうか。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:6/7(水) 18:11
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合