ここから本文です

フィオレンティーナの新指揮官にインテル前監督のピオリ氏が就任

6/7(水) 14:47配信

ゲキサカ

 フィオレンティーナは6日、ステファノ・ピオリ氏(51)が指揮官に就任することを発表した。契約は2年で1年の契約延長オプションがつく。会見は7日に行われる予定だ。

 現役時代、パルマやユベントス、フィオレンティーナなどでプレーしたピオリ氏は、引退後は指導者に転身。古巣パルマやラツィオなどを指揮し、昨年11月にはインテルの監督に就任したが、成績不振により今年5月に解任が発表された。

 一方、8位に終わったフィオレンティーナは、パウロ・ソウザ前監督が契約満了に伴い、今季限りで退団。後任候補にピオリ氏のほか、サッスオーロのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督やワトフォードのワルテル・マッツァーリ監督の名が挙がっていた。

最終更新:6/7(水) 14:47
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1