ここから本文です

アジア株:豪株価指数、2月以来の安値-豪ドルは1カ月ぶり高値

6/7(水) 12:59配信

Bloomberg

7日のアジア太平洋金融市場では、投資家の慎重なスタンスが目立っている。英総選挙や欧州中央銀行(ECB)の政策委員会、米議会でのコミ-前連邦捜査局(FBI)長官の証言を翌日に控えている。

日本時間午後0時31分ごろの時点では、オーストラリア株の指標S&P/ASX200指数が0.2%安と、2月以来の安値水準。一方、中国本土株の上海総合指数は0.8%高。

外国為替市場では、豪ドルが0.4%高の1豪ドル=0.7537米ドルと、1カ月ぶりの高値を付けた。

原題:Investors Remain Cautious Ahead of ECB, U.K. Vote: Markets Wrap(抜粋)

Adam Haigh, Min Jeong Lee

最終更新:6/7(水) 12:59
Bloomberg