ここから本文です

英住宅価格:3-5月は4年ぶり低い伸び、不動産市場に下火の兆候

6/7(水) 18:29配信

Bloomberg

英国では3-5月の住宅価格の伸びが4年ぶりの低さとなった。不動産市場が下火になりつつある兆候が強まったと、英銀ロイズ・バンキング・グループの住宅金融部門ハリファクスが指摘した。

7日発表によると、3-5月の住宅価格は前年同期比3.3%上昇。これは2013年以来の低い伸び。その前の3カ月(昨年12ー2月)と比べ住宅価格はやや低下したものの、5月単月では前月比で0.4%上昇し、今年に入ってから初めて上向いた。

英国の不動産市場は2016年3月に10%上昇でピークに達し、最近は減速を示す証拠が増えている。インフレ加速と賃金の伸び悩み、不動産購入時の税負担増が市況を弱めていると、ハリファクスは分析。ただ、販売物件の不足が住宅価格を支える可能性があるとの見方も示した。

原題:U.K. House Prices Grow at Their Slowest Pace in Four Years(抜粋)

Jill Ward

最終更新:6/7(水) 18:29
Bloomberg