ここから本文です

イラン:銃撃犯が議会とホメイニ廟を襲撃-イスラム国が犯行声明

6/7(水) 20:02配信

Bloomberg

イランの首都テヘランで7日、政治と宗教の中心地がほぼ同時に銃撃犯に襲われた。過激派組織「イスラム国(IS)」系メディアは、ISが犯行声明を出したと伝えた。

銃撃犯はテヘラン中心部にある議会と、同市南方にあるホメイニ廟に乱入した。複数のメディアはいずれの場所でも銃声が鳴り響いたと報道。タスニム通信によると、議会内で少なくとも1人が死亡、8人が負傷した。襲撃に関する報道から数時間後には議会内で爆発があり、情報省は自爆によるものだと説明した。

IS系メディアのアマク通信は、ISの戦士がイランの両拠点を襲撃したと報じた。テロ組織の活動をモニターするSITEもこれを伝えた。

議会に対する襲撃は鎮圧され、治安部隊が実行犯4人を全員殺害したと、ファルス通信がツイッターで報じた。情報源は明らかにしていない。治安部隊が議会内の安全を確認しているという。

原題:Suicide Bombers Target Iran’s Parliament, Shrine in Rare Attacks(抜粋)Iran Parliament Attack Ended; All Attackers Killed, Fars Says(抜粋)

Ladane Nasseri, Nour Al Ali, Golnar Motevalli

最終更新:6/7(水) 20:02
Bloomberg