ここから本文です

米国株:続落、英選挙やコミー氏証言など週内大型イベントに注目

6/7(水) 5:23配信

Bloomberg

6日の米国株は続落。今週8日に行われる英総選挙や欧州中央銀行(ECB)の金融政策決定会合、コミー前米連邦捜査局(FBI)長官による議会証言を控え、この日も慎重な展開となった。

S&P500種株価指数は前日比0.3%下げて2429.33。ダウ工業株30種平均は47.81ドル(0.2%)安の21136.23ドル。ナスダック総合指数は0.3%低下した。

コミー前FBI長官は議会証言で、大統領による司法妨害とまで言わない可能性があると、ABCニュースが伝えた。この報道後に米国株は一時下げ幅を縮小した。

ラボバンクの通貨ストラテジスト、ピョートル・マティス氏(ロンドン在勤)は顧客向けリポートで、「この日は目立ったイベントは予定されていなかった。その分『スーパー木曜日』に注目が集まる」と述べ、「8日と9日に予想されるボラティリティーの高い取引に備えている。少なくとも一連の大型イベントのうち1件は市場を大きく動かす材料になるだろう」と続けた。

この日のS&P500種業種別11指数のうち金融は0.4%下落。一般消費財・サービスは0.8%下落した。百貨店のメーシーズやコールズは大幅安となった。

メーシーズのカレン・ホーゲ最高財務責任者(CFO)は投資家説明会で、5-7月(第2四半期)の粗利益率はこのままいけば前年同期をおよそ1ポイント下回りそうだとの見方を示した。ノードストロムやJCペニー、シアーズも下げた。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は10.5に上昇した。

米労働省が発表した4月の求人件数は過去最高に増加。労働者に対する需要が引き続き強いことが示唆された。

原題:U.S. Equities Retreat as Bank Shares Slide(抜粋)U.S. Stocks Fall With Dollar as Treasuries Rise: Markets Wrap(抜粋)Macy’s Falls; Fly Cites CFO’s Cautious Gross Margin Comments(抜粋)MARKET WRAP: U.S. Stocks Decline as Consumer Shares Lead Losses(抜粋)

第4段落以降を追加します。.

Oliver Renick

最終更新:6/7(水) 6:13
Bloomberg