ここから本文です

the pillows、ツアー前半戦から尋常じゃない大盛況!

6/8(木) 10:33配信

チケットぴあ

the pillowsが6月3日、東京 赤坂BLITZでライブを開催。この日のライブは3月にリリースした21作目のアルバム『NOOK IN THE BRAIN』を携えて、5月からスタートした全国27公演を回る全国ツアー「NOOK IN THE BRAIN TOUR」の11公演目。

【そのほかの画像はこちら】

場内が暗転すると同時にステージに向けてグッと押し寄せる観衆。同時に湧き上がる怒号にも似た歓声と悲鳴。結成28年目にして欠かさず開催されてきたツアーの中でも、BUSTERS(the pillowsファンの名称)のボルテージはトップクラスのハイテンションだ。

オープニング曲からボーカルの熱量を自在にうねらせて、場内を煽りまくる山中さわお(vo&g)。それに感化されて拳を突き上げ感情をむき出しにするBUSTERS。ガチンコの気持ちをぶつけあって今日の手ごたえを感じ合う両者。実に激しい。「久しぶりじゃないか! みんな元気かい?」。山中お決まりのMCのあと「今夜、『NOOK IN THE BRAIN』はもちろん、懐かしい、きっと聴きたいと思ってくれる名曲もたくさん演るから最後まで仲良く楽しく、よろしくね」と宣言。その通り、このツアーは新作からのナンバーと、これまでの曲のバランス、つなぎ方が最高に気持ちの良いセットリスト。イントロが始まるたびに歓声やため息が漏れるほど。高感度のBUSTERSの反応に感化されるように、モニターに登ったり、ジャンプしたり、ギター・プレイの合間で胸を拳で叩く山中のパフォーマンスにはグッとくる。

メンバーのご機嫌な様子がツアーの充実を感じさせる。山中は続けて真鍋吉明(g)に「あんたは悪い男だよ」と話しかけ、徳島公演のリハーサルで佐藤シンイチロウ(ds)がサングラスもせず無地の白いTシャツの風貌が“休日のジジイ”感ハンパないことを指摘すると、“でもさっきpeeちゃん(真鍋)に「ジェームス・ディーンみたいだね」って言われたよ“と返されたエピソードを披露して爆笑を誘う。次のMCで山中は「うちのジェームス・ディーンはいよいよ来週、Theピーズで武道館です」と紹介し、the pillowsとTheピーズでドラムを担当する佐藤にエールを送った。

ライブ後半には山中がギターを置き、ハンドマイクで2曲。ステージ左右を激しく動き回り、フレーズに合わせてフリをつけて踊るパフォーマンスが秀逸。そのまま力強いロックンロールとオルタナティブがうまく交差して、さらに場内の興奮を煽っていた。

前半から大充実しているこのツアーが、7月22日(土)・東京Zepp Tokyoのファイナルまで、全国各地でどれだけ素敵なステージを展開してくれるか大いに期待は高まる。現在、the pillowsオフィシャルHP内の「NOOK IN THE BRAIN特設サイト」にて、本公演のライブレポート完全版が期間限定で掲載されているのでそちらも要チェックだ。

取材・文:浅野保志(ぴあ)

最終更新:6/8(木) 10:33
チケットぴあ