ここから本文です

フェラーリの王座奪還を期待するジャン・アレジ

6/8(木) 11:56配信

TopNews

今年はフェラーリから10年ぶりにF1チャンピオンが誕生する可能性がある。

そう考えているのはかつてフェラーリに在籍していた1995年にF1カナダGPで自身唯一となる優勝を遂げた経験を持つフランス人元F1ドライバーのジャン・アレジだ。

■カナダでもフェラーリは強いはず

その思い出のカナダGPを今週末に控えたアレジはフェラーリの母国イタリアのメディアに次のように語った。

「フェラーリはF1の歴史そのものだし、彼らは素晴らしいシーズンを送っている」

「カナダは高速サーキットだし、固有の特性を持っている。そして私はフェラーリが強さを見せるだろうと思っているよ。あのマシンの大きな強みが方向転換や高速でのブレーキングだからね」

「フェラーリがタイトル候補だと思うかって? 事実だけに目を向ければ、もし彼らが勝てなければ、彼らは2番手だ。だから壮大なフィナーレを迎えられることを本当に期待しているよ」

■ライコネンの勝利もありえる

さらに、前戦モナコGP決勝でポールポジションからスタートしながら、疑惑のピット戦略でチームメートのセバスチャン・ベッテルに追い抜かれてしまったキミ・ライコネンについて質問されたアレジは次のように答えた。

「彼はあの失望に対処していくだろうし、頑張り続けるだろう。多分、勝利することもあるんじゃないかな」

最終更新:6/8(木) 11:56
TopNews