ここから本文です

実写ドラマ版「銀魂」はミツバ篇!ヒロイン役は北乃きい

6/8(木) 5:00配信

シネマトゥデイ

 空知英秋の人気コミックを実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)のキャスト&スタッフを集め、dTV配信オリジナルドラマとして制作する実写ドラマ版「銀魂」の内容が発表され、原作屈指の人気エピソード「ミツバ篇」を扱うことが明らかになった。物語の核となる沖田(吉沢亮)の姉・ミツバは、女優の北乃きいが演じる。

【ほか写真】床に倒れる沖田…このシーンは!?

 主人公・銀時役の小栗旬を筆頭とする豪華俳優陣を、映画に続いて福田雄一監督が率いて制作するドラマ「銀魂-ミツバ篇-」。劇中では、沖田と土方(柳楽優弥)が所属する真選組を中心に、沖田の姉・ミツバをめぐる陰謀とそれに立ち向かう真選組の活躍、そして悲恋が描かれる。

 物語の鍵を握るミツバを演じる北乃は、「台本を読んで、自分が皆さまから愛されているストーリーのヒロインを演じられることに非常に感激しました」と喜び。ミツバは、笑顔でチョコレートパフェにタバスコをぶっかける大の辛党というユニークなキャラクター。撮影を振り返り彼女は「カットがかかって福田監督が笑ってくれた瞬間に、役者としてホッとした記憶が鮮明に残っています。切ない物語の中に銀魂ならではのユーモアが加わったストーリーになっておりますので、是非ご覧ください」と呼び掛けた。

 さらに今回、沖田と土方の確執を生むきっかけになった過去が明かされるエピソードということで、演じる吉沢と柳楽は、迫力のある殺陣などのアクションシーンにも挑戦。土方役の柳楽は、「沖田との道場でのシーンとアクション」が特に見どころだと言うと、「撮影現場ではアクションシーンでお亮(吉沢くん)が木刀を頭に当ててきた! お亮、恨みでもあるのかい?(笑)」とコメント。その当人である吉沢は「撮影現場では殺陣の稽古中に、土方役の柳楽さんの頭を間違えて思いっきり叩いてしまい生きた心地がしませんでした。柳楽さん、本当にすみませんでした!」と謝罪の意をあらわにしていた。

 そんな二人をドラマでまとめる真選組の局長・近藤勲役の中村勘九郎は、「ミツバ篇は『銀魂』の数あるエピソードの中でも屈指の泣けるエピソードで、劇場版とはまた違った『銀魂』を感じました。真選組の仲間達の『絆』が見られるエピソードですので、思いっきりカッコいい真選組を感じてください。また、劇場版では着ることが少なかった近藤の隊服姿にもご注目ください」と語る。そして土方役の柳楽は、「ファンの皆様、ミツバ篇やって、ごめんなさい!(笑)」と一時期の『銀魂』キャストによる“実写化謝罪動画”をほうふつさせるような言葉も寄せていた。(編集部・井本早紀)

オリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」は映像配信サービスdTVで7月15日0時より全3話一挙配信