ここから本文です

IQOSとLINEが事業提携 One to Oneコミュニケーションの実現目指す

6/8(木) 16:00配信

MarkeZine

IQOSとLINEが事業提携 One to Oneコミュニケーションの実現目指す

左:ポール・ライリー氏 右:田端信太郎氏

 フィリップ モリス ジャパンとLINEは6月8日、コミュニケーションアプリ「LINE」を活用した新サービス戦略発表会をIQOSストア銀座にて行った。フィリップ モリス ジャパンからは社長のポール・ライリー氏、デジタルマーケティングとEコマースのシニアマネジャーのセドリック・クルセル氏が、LINEからは上級執行役員の田端信太郎氏が登壇した。

【写真・画像】セドリック・クルセル氏

左:フィリップ モリス ジャパン合同会社 社長 ポール・ライリー氏
右:LINE株式会社 上級執行役員 コーポレートビジネス担当 田端信太郎氏 今回の発表会では、両社が加熱式タバコ「IQOS」と「LINE」の事業提携、並びに成人IQOSオーナー向けの新サービスを発表した。発表会の中でポール氏は「LINEは日本において最良のソーシャルプラットフォームだと思っています」とLINEに対する期待を明らかにした。

 新サービスでは、LINEの企業向けAPI「LINE ビジネスコネクト」を活用。これにより、LINE上でIQOSに関する情報サイト「IQOS.jp」の会員登録、個人アカウントやIQOSオーナー向けのコミュニティ「IQOSphere」へのアクセスが可能になった。

 さらに、LINEのトーク上では懸賞への応募や、IQOSのみ利用できる「アイコススポット」の検索ができる。これらの機能の提供に関してセドリック氏は「LINEの魅力はOne to Oneのコミュニケーション。お客様のコンテキストを読み解き、最適なタイミングで、様々なコンテンツを提供していきたい」と語った。

フィリップ モリス ジャパン合同会社 デジタルマーケティング&Eコマース
シニアマネジャー セドリック・クルセル氏 また両社は、今後も新たなサービス開発を進めていく予定で、田端氏も新しい事例をフィリップ モリス ジャパンと作り上げたいと意気込んでいる。

 「今回の取り組みを通じて、IQOSをはじめコーヒーマシンやウォーターサーバーなど、ブランドスイッチが起きにくく定期的に利用される消費財を提供する企業が、LINEを通じて消費者と直接つながるモデルを新たに開拓できます。ベストプラクティスをIQOSとLINEで作っていきたいです」(田端氏)

最終更新:6/8(木) 16:00
MarkeZine