ここから本文です

イラン、破られたIS対策 中東の治安安定国、衝撃

6/8(木) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 混乱の続く中東にあって治安が安定していたイランでテロ事件が起きた。過激派組織「イスラム国」(IS)への徹底した対策にもかかわらず起きた惨事に市民の間で動揺が広がっている。ISは「本拠地」のイラクやシリアで追い込まれ、各地でテロを起こす戦略に転換したことが鮮明になった。(杉崎慎弥、翁長忠雄、神田大介)
 ▼1面参照

 事件が起きた7日、テヘラン市内の地下鉄駅や大通り、空港周辺には多数の警察官が配置された。市民は口々に「なぜISがイランに入って来られたのか」と驚きを隠せずにいる。
 特に、国会とともに狙われたホメイニ廟(びょう)は、1979年のイラン・イスラム革命を主導した初代最高指導者、故ホメイニ師が眠る「聖地」。……本文:3,033文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社