ここから本文です

「天声人語 2017年6月8日」

6/8(木) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 古池や蛙(かわず)飛びこむ水の音。言うまでもなく芭蕉一代の名句だが、カエルを愛する人々にとってはいまなお熱く真剣な議論の的と聞く。「飛び込んだのはツチガエルかトウキョウダルマガエルか」「聞こえた音はポチョンかチャボリか」等々▼カエル愛好者が集う「かえる友の会」(埼玉県蕨市)が今年度で30周年を迎える。カエルの擬人画で知られる幕末明治の絵師、河鍋暁斎(きょうさい)のファンが中心となり、産卵観察や講演、名所訪問を続けてきた▼「カエル好きのカエル話は家族にも友人にも疎まれがちです。思いを堂々と語り合える場がほしいという方々が意外に多くて」と河鍋楠美(くすみ)さん(86)。……本文:1,180文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社