ここから本文です

台湾、韓国4連覇阻止 初V=バスケ男子東アジア選手権

6/8(木) 14:15配信

中央社フォーカス台湾

(台北 8日 中央社)バスケットボール男子の東アジア選手権は7日、長野市で決勝が行われ、台湾は韓国を77-64で下し、初優勝を果たした。台湾は今大会の第1試合で中国大陸に敗れるも、その後香港、日本を立て続けに破り、2013年の前回大会まで3連覇していた韓国をも下す快進撃となった。今大会の上位5チームは、8月にレバノンで開催されるアジアカップに出場する。

序盤から劣勢に立たされ、第1クオーターで韓国に5点のリードを許した台湾。第2クオーターから猛反撃を見せ、同クオーター終了時点で39-34で逆転に成功した。第3クオーターに入ってからも台湾の勢いは止まらず、63-51と10点以上の差をつけて第4クオーターに突入。韓国が巻き返しを図るも、台湾は最後までリードを許さなかった。

主力で得点源の劉錚は積極的なプレーを見せ、両チーム最多の23得点を獲得。6日の準決勝で活躍した帰化選手、クインシー・デービスも21得点、13リバウンドと好成績を残した。

(李晉緯/編集:楊千慧)