ここから本文です

国連 AI 会議でアウディCEOが講演…人間と機械の完璧な協力

6/8(木) 9:45配信

レスポンス

ドイツの高級車メーカー、アウディのルパート・シュタートラーCEOは6月7日、スイス・ジュネーブで開催された国連会議、「第1回AI(人工知能)グローバルサミット」で講演を行った。

画像:国連会議で講演を行うアウディのルパート・シュタートラーCEO

アウディは所属するフォルクスワーゲングループにおいて、人工知能や自動運転に関する技術の開発を主導している。今回の国連会議では、アウディの人工知能や自動運転に対する立場を明確にした。

人工知能について、シュタートラーCEOは、「人工知能がどのように私たちの働く世界を変えているかについて、より詳しい理解が必要。アウディの目標は、人間と機械の完璧な協力。人工知能が社会の利益のために適用されることを、保証する必要がある」と述べた。

アウディはこの2年間で、科学とビジネスの分野の人工知能の専門家だけでなく、学際的なネットワークを構築。自動車および労働界における人工知能の社会的影響に焦点を当ててきた。これには、哲学者、心理学者、法律専門家、コンピュータ科学者、起業家も参画している。

また、自動運転について、シュタートラーCEOは、「科学と産業の専門家は、人工知能を自動運転車の重要技術とみなしている。車がその環境を知覚し、解釈するからだ。しかし、事故の際には誰が責任を負うのか。事故が避けられない状況では、自動運転車が意思決定を行うことが期待される」と語っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/8(木) 9:45
レスポンス