ここから本文です

ジナンボーなど、新馬戦厩舎情報/美浦トレセンニュース

6/8(木) 17:54配信

netkeiba.com

 牝馬3冠のアパパネの2番子のジナンボー(牡2・美浦・堀宣行)ほか、今週東京の新馬戦でデビューする注目馬について、関係者のコメント。

6月10日(土)

●東京5R 芝1400m
レピアーウィット(牡2・美浦・堀宣行 父ヘニーヒューズ 母ランニングボブキャッツ 母父Running Stag 全兄に2013年の朝日杯FSに優勝したアジアエクスプレス)
森調教助手のコメント
「4月の終わりに入厩して、ゲート試験合格後も順調に調整を進めてきました。今週(6/7)は3頭併せで半マイルから時計を出して先着しました。古馬相手にも良い動きをしていて、仕上がりも良さそうです。良い脚を長く使えるタイプなので、東京コースは向いていると思います。血統的にもスピードのあるタイプですし、1400mを選択しました。現在の馬体重は521キロです」

6月11日(日)

●東京5R 芝1800m
ジナンボー(牡2・美浦・堀宣行 父ディープインパクト 母アパパネ 母父キングカメハメハ)
森調教助手
「4月の半ばに入ってきて、そこからゲート試験に合格して、その後も順調に調教をこなしてきました。乗り込み量としては十分です。まだ幾分、気性面や馬体面で仕上がり途上ですし、良くなるのはもう少し先という印象がありますが、現段階での力は出せるのかなと思います。普段から気難しさ、我の強さを見せるタイプなので、レースに行ってそういう面が落ち着いていれば良いなと思います。馬体重は今週で465キロです」

ノーザンクリス(牡2・美浦・加藤征弘 父ノヴェリスト 母メジロマリアン 母父メジロベイリー)
加藤調教師
「かなり乗り込んでいますし、仕上がりは万全ですね。切れるというよりも、長く良い脚を使えるタイプです。仕上がりの良さを生かせればと思います」

●東京6R 芝1600m(牝馬限定)
トーセンアンバー(牝2・美浦・菊沢隆徳 父ディープインパクト 母ワルツオブキャット 母父Songandaprayer)
菊沢調教師
「今週(6/7)は、坂路で終い重点の追い切りでした。乗り込んできていますし、出走態勢は整ったと思います。ディープインパクト産駒の血統馬らしい素質を感じますし、気性面も問題ありません。初戦から期待したいですね」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:6/8(木) 18:42
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ