ここから本文です

封入液を使わない食品医薬品用圧力センサー

6/8(木) 7:10配信

MONOist

 横河電機は2017年5月18日、差圧・圧力伝送器「DPharp EJA(ディーピーハープ・イージェーエー)」シリーズのラインアップとして、サニタリー用アダプターシステム「EJAC60J」を発売した。

 同製品は、封入液を介して圧力を測定するDPharpシリーズの機能性と、封入液を用いない圧力センサー「JP」シリーズのセンサー部分を継承し、封入液を用いない高性能センサーを可能にした。

 アダプターは、タンクや配管への取り付け用途に向けて16種類を用意。センサー受圧部のダイアフラムは、取り外して洗浄や交換ができる。また、アメリカの食品衛生規格である3A規格の要件を満たしており、2017年度中に認定を取得する予定だ。

 主な市場は、食品/薬品などの製造業。用途は、タンクや配管内の液体、気体、蒸気の圧力、液位測定を想定している。同社は国内やアジアをはじめとする各国の食薬市場に向け、販売を拡大するとしている。

 従来の食品医薬品用圧力センサーは、シリコンオイルを封入した受圧部から封入液を介してセンサー部に圧力を伝え、測定する方式が一般的だった。しかし、特殊環境下で使用した場合、受圧部が破損して封入液がプロセス流体に混入するというリスクがあった。

最終更新:6/8(木) 7:10
MONOist