ここから本文です

【日産 エクストレイル 改良新型】自動運転技術「プロパイロット」搭載、219万7800円より

6/8(木) 12:12配信

レスポンス

日産自動車は、クロスオーバーSUV『エクストレイル』をマイナーチェンジし、6月8日より販売を開始した。

[関連写真]

今回のマイナーチェンジでは、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用した。プロパイロットは、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、高速道路における渋滞走行と長時間巡航をサポート。ドライバーのストレスを大幅に低減する。今回のエクストレイルへの搭載は、昨年8月にフルモデルチェンジした『セレナ』に続き2車種目となる。

またエクステリアでは、日産デザインを象徴する「Vモーション」を拡大し、グリルからエンジンフードへとキャラクターラインを連続させることで、よりタフさを表現。インテリアでは、インストルメントパネルやステアリングのデザインを一新し、ワンランク上の上質感を実現した。

併せて、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアを開閉できる、ハンズフリー機能付きの「リモコンオートバックドア」の新採用や、「インテリジェント パーキングアシスト」の性能向上により、利便性を高めた。

ハイブリッド車は、空力を向上させるアイテムや、アクセルオフ時の回生量を増加させる制御を採用し燃費性能を向上。2WDでは20.8km/リットル(JC08モード)の燃費を実現し、ハイブリッド車全グレードで「平成32年度燃費基準+20%」を達成。2017年度も減税措置が適用される。

ボディカラーは「プレミアムコロナオレンジ(特別塗装色)」や「ガーネットレッド(同)」などの新色6種類を加え、全12色を設定。価格は219万7800円から309万8520円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/8(木) 12:12
レスポンス