ここから本文です

【ベトナム】セブン1号店、15日にHCM市1区で開店

6/8(木) 11:30配信

NNA

 セブン&アイ・ホールディングスは7日、コンビニエンスストア「セブン―イレブン」のベトナム1号店が、今月15日にホーチミン市1区のサイゴン・トレード・センター内にオープンすると発表した。開業当初はホーチミン市に集中出店し、その後に他地域へ展開する方針だという。
 ベトナムでの運営は、セブン&アイの完全子会社セブン―イレブンとマスターフランチャイズ契約をしているセブン・システム・ベトナムが行う。セブン―イレブン・ジャパンは、出店準備の段階から店舗運営を支援している。
 1号店の店舗面積は164平方メートルで、2,000点の商品を扱う。24時間営業となる。セブン―イレブン・ジャパンの商品開発手法を取り入れ、米飯類を中心にオリジナルのフレッシュフードも展開するという。オリジナルメニューとしては◇ミードボールをトマトソースで煮たベトナム料理の「ミートボール弁当」◇もち米と豚そぼろを使ったベトナム料理をおにぎり風にアレンジした「ソイギリ」◇ベトナムのサンドイッチ「バインミー」――などを用意している。また地元のニーズの高い商品を中心に、プライベートブランド(PB)商品もそろえていく。

最終更新:6/8(木) 11:30
NNA