ここから本文です

平日開催の初日ギャラリー歴代4位!前売り券は販売終了、ゲートは15分早く開門

6/8(木) 17:54配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 初日◇8日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,538ヤード・パー72)>

宮里藍、引退表明後初戦!LIVEフォトで初日の模様をプレーバック!

宮里藍が引退を表明してから初のツアー出場に沸く「サントリーレディス」。初日では大会史上最多となる6,735人(前年比で+3,490人)が平日にもかかわらず六甲国際ゴルフ倶楽部に詰め掛けた。

この6,735人と言う数字は今季の初日ギャラリー数では2番目の数字。1番は「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」だが、同大会の初日は祝日だったため、平日に限定すれば最多の数字となる。

また歴代(ツアー制施行後)でも初日のギャラリー数は12番目。これを平日に限定すると2009年の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」に次ぐ4位の数字だ。4つの内2つのNEC-はお盆休み真っただ中。2番目にランクインした「ダイキンオーキッドレディス」は2年ぶりに宮里が地元に凱旋した試合だ。これを見ても如何に宮里の影響力がすごいかが分かる。

今日も朝から多くのファンが、宮里の雄姿を見ようと会場を訪れた。今朝のギャラリーゲートは7時開門予定だったが、待つ人多かった6時45分に開門するほど。例年は100人もいない入り待ちが今日は約300人もいたという。

また、土日の前売り券が8日(木)の13時に販売終了。前年の2,690枚の約2倍となる5,200枚が売れた。販売を終了した理由として関係者は「これ以上売れると当日券もやるので、受け入れが困難になる為止めました。前売り券を買った方を入場制限することはできないためです」と話している。

大会本部では今日の混雑、明日の天気を考えると明日さらに増えるのではと想定しており、明日の早い時間で当日券が終了、ギャラリー用の駐車場が満車になる可能性があると大会ホームページなどで注意を促している。

【初日のギャラリー数トップ10】※は祝日開催
1位 2017年:ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 13,097人※
2位 2016年:ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 10,958人※
3位 2005年:サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント 10,404人※
4位 2006年:サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント 8,591人※
5位 1991年:軽井沢72東急女子オープン 8,555人
6位 2011年:ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 8,209人※
7位 1995年:東レジャパンクイーンズカップ 7,560人※
8位 2007年:サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント 7,318人※
9位 1990年:JLPGA明治乳業カップ年度最優秀女子プロ決定戦 7,290人※
10位 2007年:ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 6,974人
11位 2009年:NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 6,956人
12位 2017年:サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 6,735人

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>