ここから本文です

GSユアサ、トルコ合弁会社へ増資…生産能力増強で拡販戦略推進

6/8(木) 13:00配信

レスポンス

GSユアサは、トルコの持分法適用関連会社IGYA社に対して、現地パートナーInci Holding Anonim Sirketi社とともに、1億トルコリラ(約30億円)の増資を4月28日に行ったと発表した。

増資の主な目的は、2018年末頃稼働予定の新工場建設。新工場では、今後、急激な需要の増加が見込まれるアイドリングストップ車に適した、同社最新技術を導入した電池を生産する。また、5年後を目標に、自動車用鉛蓄電池の生産能力を現在の年間400万個体制から600万個体制に増強する。

GSユアサは、2015年10月の資本参加以降、IGYA社において同社の技術を投入した自動車用鉛蓄電池の製品化に順次取り組んでおり、2016年にはGSユアサブランド製品の生産を開始した。また、トルコ周辺国への自動車用鉛蓄電池の販売力を強化するため、UAE(ドバイ)、ウクライナ(キエフ)、エジプト(カイロ)に駐在員事務所を順次開設。これらの活動を通じ、未開拓地域の中近東・アフリカ・CIS(独立国家共同体)・欧州地域へのさらなる拡販戦略を促進していく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/8(木) 13:00
レスポンス