ここから本文です

イタリアがウルグアイに3発快勝 デロッシが得点で歴代12位に浮上/国際親善試合

6/8(木) 9:20配信

ISM

 現地時間7日(以下現地時間)にイタリアとウルグアイによる国際親善試合がニースで行なわれ、イタリアが3対0と快勝した。

 2018年W杯欧州予選を週末に控えるイタリアは、守護神ブッフォンに休養を与え、18歳のGKドンナルンマを先発起用。対するウルグアイは、攻撃の核であるスアレスとカバーニ不在でこの試合に臨んだ。

 イタリアは立ち上がりの7分にヒメネスのオウンゴールで先制すると、82分に途中出場のエデルが追加点。最後はロスタイムに、エルシャーラウィが得たPKをデロッシが沈めてダメ押し。デロッシはこれで代表での通算得点数を21に伸ばし、1982年W杯優勝メンバーであるパオロ・ロッシ氏をかわし、歴代12位に浮上した。

 ヴェントゥーラ監督は「ゆっくりだが着実に、我々は目標に向かっている。正しい道を歩んでいる」と、チームの成長に確かな手応えを感じた様子だった。

 なお、快勝したイタリアだが、マルキージオが負傷した模様。イタリアは11日にW杯欧州予選でリヒテンシュタインをホームに迎える。(STATS-AP)

最終更新:6/8(木) 9:20
ISM