ここから本文です

2氏激突へ 継続か刷新か争点 8日告示 静岡県知事選

6/8(木) 8:25配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 任期満了に伴う知事選は8日告示され、25日の投開票に向けた選挙戦が始まる。立候補を予定している無所属現職の川勝平太(68)=連合静岡推薦=、五輪柔道銀メダリストの無所属新人溝口紀子(45)の2氏の戦いとなる見通し。2期8年にわたる川勝県政の継続か刷新かが争点になるとみられる。

 川勝氏は防災対策強化など自らの実績をアピールし、「静岡県を世界展開していく」と続投への支持を求める。公務の合間を縫って県内各地に入り、同氏を支援してきた民進党県連や県議会第2会派ふじのくに県民クラブ、連合静岡が選挙戦を支える。

 溝口氏は、県と静岡市の関係や浜松新野球場構想などを例に川勝氏の政治手法を批判し、県政刷新を訴える。自らの経験を踏まえてスポーツや教育、子育て支援施策にも力点を置く。自民党県連の静岡市や浜松市の支部などから推薦を受けている。

 立候補の届け出は午前8時半から午後5時まで県庁で受け付ける。各陣営は受け付け開始と同時に届け出を済ませ、一斉に街頭に出て第一声を放つ予定。

 投票率の行方も関心を集めそうだ。全国的に知事選投票率が低落傾向にある中、50%を超えるかが目安の一つとなりそう。今回は選挙権年齢引き下げ後、初の知事選で、18歳、19歳をはじめ若者の投票行動も注目される。



 ■知事選立候補予定者

 川勝平太 68 無現(2) 知事

 溝口紀子 45 無新 元静岡文化芸術大教授

 ※無は無所属。現は現職、新は新人。敬称略。丸数字は当選回数。

静岡新聞社