ここから本文です

“ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ淡路島・洲本”開催決定! 洲本市出身の堀井雄二氏企画展も同時併催

6/8(木) 12:02配信

ファミ通.com

●洲本市出身・堀井雄二氏の企画展も同時併催
 兵庫県洲本市は、2017年7月16日~8月7日、ドラゴンクエスト30周年特別企画“ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ淡路島・洲本”を開催することを明らかにした。
 兵庫県洲本市は、『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親・堀井雄二氏の出身地で、主催はドラゴンクエストミュージアムセレクションズ洲本特別展実行委員会となる。

以下、リリースより。

----------

ドラゴンクエスト30周年特別企画「ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ淡路島・洲本」開催
洲本市出身、ドラゴンクエストの生みの親、堀井雄二氏の企画展も同時併催!

 洲本市は、この夏、ドラゴンクエスト30周年特別企画「ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ淡路島・洲本」を開催いたします。主催はドラゴンクエストミュージアムセレクションズ洲本特別展実行委員会。
 本イベントは、2016年に30周年を迎えたドラゴンクエストの原作者であるゲームデザイナー、堀井雄二氏(63)の出身地洲本市にドラゴンクエストミュージアム巡回展誘致が実現したものです。

 開催場所は「洲本市民広場横 赤レンガ建物(旧アルファビアミュージアム)(住所:兵庫県洲本市塩屋1丁目1-8)。約100年前に建設された旧鐘紡洲本工場の赤レンガ建築群。洲本市が積極的に保存修景を繰り返し、おしゃれなカフェやアパレル店が入居する複合施設「すもとアルチザンスクエア」等の建つ市民広場の一角にて開催します。

 洲本市は2016年から、ふるさと納税の返礼品にドラゴンクエストグッズを採用。これまでふるさと納税を通じて洲本市を支援・応援くださった方々に感謝を表明するとともに、さらに多くの方に洲本の魅力を知っていただけるよう「ふるさとすもともっともっと大感謝祭」を開催。計画・準備した多彩な魅力発信型催事のなかでも、「ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ淡路島・洲本」は、本年の中心イベントと位置づけられています。また開催時期に合わせて周辺スタンプラリーも開催。本年は70周年記念大会でもある毎年8月開催の「淡路島まつり」においても連携を図ります。期間中3日間は開催時間を延長し、温泉や海水浴を楽しみに訪れた方に、まちあるきを楽しんで魅力を再発見いただけるよう計画しています。

≪イベント開催概要≫
■イベント名:ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ(淡路島・洲本)
■実施日程:7月16日(日)~8月7日(月)
■実施会場:洲本市民広場横 赤レンガ建物(旧アルファビアミュージアム)内 特設会場(兵庫県洲本市塩屋1丁目1-8)
■営業時間:
平日 10:00~18:00(入館17:30まで)
金・土・日・祝  10:00~ 19:00(入館18:30まで)
8月4日(金)-6日(日)のみ 20:00まで延長(入館19:30まで)
■入場料:大人 1,200円、中高生 1,000円、4歳~小学生 700円
■主催:ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ洲本特別展実行委員会

【ドラゴンクエストミュージアムとは】
ストーリー、キャラクター、音楽、どれもが魅力的な「ドラゴンクエスト」I~Xまで30年の世界を、実際に見て・体験して・一気に楽しむことができる体験型のイベント。
30周年特別企画として「新たなドラゴンクエストの世界」をテーマに、独自のコンセプトでシリーズIからXまでそれぞれの世界を再現しています。
東京では7月21日~9月12日まで渋谷ヒカリエで開催され13万人を動員、大阪では10月9日~1月15日までひらかたパークで開催され7万人を動員。
そして今回ドラゴンクエストミュージアムから選抜された展示によるドラゴンクエストミュージアムセレクションズの開催が決定。5/13~7/9の名古屋開催につづき淡路島洲本で開催されます。

スタンプラリー「ドラゴンクエスト冒険の旅 in 洲本」
■実施日程:7月16日(日)~8月7日(月)※ミュージアムセレクション洲本特別展と同一
■展開場所:洲本市内の名所、施設などをラリー地点として設定
■参加コース:
(1)スライムコース(ライトレベル 30分ー60分)
(2)キングスライムコースA・B(両コースともハイレベル 60分ー90分)
■参加費:無料
※おひとり様1日につき、ラリーカード1枚とさせていただきます。1枚で(1)(2)両方の参加も可能。
■主催:ドラゴンクエストミュージアムセレクションズ洲本特別展実行委員会

最終更新:6/8(木) 12:02
ファミ通.com