ここから本文です

【韓国】今年の半導体設備投資、韓国が世界首位

6/8(木) 11:30配信

NNA

 韓国の半導体業界の設備投資額が2年連続で世界最大を記録する見通しだ。国際半導体製造装置材料協会(SEMI)は、韓国の今年の投資が146億米ドル(約1兆6,000億円)と前年比75%急増し、来年は150億米ドルを超えると予測した。
 SEMIは韓国のサムスン電子とSKハイニックスが世界の半導体設備投資をリードすると見込む。
 今年、韓国に次いで設備投資が多いとみられるのは台湾で121億米ドル。しかし、来年は16%減少し、中国に追い抜かれる見通しだ。中国の来年の投資は68%急増し115億米ドルに上る。
 世界全体の設備投資は今年496億米ドル、来年は543億米ドルで過去最大を記録する見通しだ。

最終更新:6/8(木) 11:30
NNA