ここから本文です

『WHITEDAY~学校という名の迷宮~』ゲームシステムや早期購入特典が発表、PS4版のみのヒロインも…?

6/8(木) 20:37配信

インサイド

アークシステムワークスは、PS4『WHITEDAY~学校という名の迷宮~』に関する新たな情報を公開しました。

【関連画像】

『WHITEDAY~学校という名の迷宮~』は、韓国のゲームデベロッパー「ROI GAMES」が開発するホラーアドベンチャー&恋愛シミュレーションゲームです。本作では、ホワイトデーの前日に真夜中の学校に忍び込んだ主人公が恐ろしい心霊現象に遭遇し、「呪われた学校」からの脱出を試みるといったゲームになっています。

今回は、本作のストーリーやゲームシステム、そして早期購入特典情報が明らかになっています。

◆ゲーム概要
■ストーリー
物語の主人公は「八城高校」に転校したばかりの2年生の「山本勇人」。
学校のベンチに座っていた可憐な少女「四宮しずく」に一目惚れする。
偶然にも日記帳の忘れ物を拾った勇人は、近づいてきたホワイトデーの日にプレゼントと一緒に彼女の日記帳を戻そうと考え、前日の3月13日の深夜、一人で学校に潜入するのだった。

真夜中の学校には恐ろしい幽霊が現れたり、学生の安全を守るはずの守衛たちが逃げ惑う学生を襲撃する、そんな恐怖と絶望の空間に変貌を遂げてしまった。

何者かの力により校門の鍵は固く閉ざされ、勇人は逃げ場のない深夜の学校に閉じ込められてしまう。

脱出を試みる勇人は同じく学校に閉じ込められた学生「藤ノ井さやか」と「富永ひかり」や、一目ぼれした少女「しずく」と行動を共にする事となる。

深夜の学校に迷い込んだヒロイン達と一緒に脱出する方法を探しながら、勇人は「八城高校」に隠された恐ろしい秘密にどんどん近づくのだった……。

■ゲームシステム
学校から脱出するには、さまざまなホラースポットを探索する必要があります。

学校の中には謎解きのヒントとなる文書が置いてあることもあり、恐ろしい秘密を探りながらさまざまなパズルを解いていきます。

■襲いかかる幽霊・守衛
本作では、怪談に登場する幽霊たちが次々と現れてプレイヤーの脱出を阻みます。幽霊はいたずら程度の霊障を起こすものから、命まで狙う恐ろしい悪霊まで存在します。

そして、幽霊よりも恐ろしいのが学校の「守衛」。ふたりの守衛は学生を発見するとバットを振りかざし走ってくるため、攻撃する術のないプレイヤーは隠れるか逃げるしかありません。

■恋愛シミュレーション要素
真夜中の学校で出会うヒロインたちと交流して「好感度」を上げれば、特定キャラクターとのシナリオを楽しむことができます。本作はマルチエンディングのため、条件が揃えばお気に入りのヒロインとのエンディングを迎える事も可能となります。また、PS4版のみの新しいヒロインも登場する模様です。

●四宮しずく(CV:清水彩香)
●藤ノ井さやか(CV:井上麻里奈)
●富永ひかり(CV:加隈亜衣)
●???

◆早期購入特典
早期購入特典は『BLAZBLUE』シリーズのコスチュームが入手できるプロダクトコードに決定。主人公の「勇人」は『BLAZBLUE』主人公の「ラグナ=ザ=ブラッドエッジ」の衣装、ヒロインキャラクターたちは「ノエル=ヴァーミリオン」のコスチュームが収録。また、敵キャラクター「守衛」たちにも「テイガー」と「ヴァヴォルケンハイン=R=ヘルシング」の衣装が用意されています。

『WHITEDAY~学校という名の迷宮~』は2017年8月24日発売予定。価格はパッケージ版が4,800円(税込)で、DL版が4,300円(税込)です。

(CROI GAMES Corp. Published by ARC SYSTEM WORKS.

最終更新:6/8(木) 20:37
インサイド