ここから本文です

【USJ】世界初「SUPER NINTENDO WORLD」600億円超投資で2020年オープン!

6/8(木) 16:45配信

cinemacafe.net

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは8日(木)、任天堂のキャラクターとその世界観をテーマにした世界初となる壮大なエリア「SUPER NINTENDO WORLD」の建設着工式を開催。セレモニーにはマリオも駆けつけ、投資総額600億円の巨大プロジェクト始動をお祝いした。

【画像】「SUPER NINTENDO WORLD」イメージビジュアル

「SUPER NINTENDO WORLD」は、任天堂の人気キャラクターやゲームの世界観を最新鋭技術で再現。世界初のライド・アトラクション「マリオカート」や、ショップ、レストランを有する二層構造の巨大複合エリアになる予定で、その投資額はユニバーサル・スタジオ・ジャパン1か所のみで600億円を超える大規模なもの。関西大学・宮本勝浩名誉教授の試算によれば「SUPER NINTENDO WORLD」オープン後10年間のユニバーサル・スタジオ・ジャパンが創出する経済効果は近畿圏において約6.2兆円、全国では約11.7兆円、その雇用効果は約108万人にも上ると見込まれ、2020年の東京五輪前のオープンを目指して始動する。

マリオの帽子を身に付けてステージに登場した株式会社ユー・エス・ジェイ 代表取締役 CEOのJ.L.ボニエ氏は、「投資額600億円超となる『SUPER NINTENDO WORLD』は、成功をおさめている『ユニバーサル・ワンダーランド』、『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』、『ミニオン・パーク』等に続くテーマエリアとなります。2層からなるユニークな構造で、アトラクション、レストラン、ショップと複合体験のできるエリアとして、国内外からさらに多くのゲストをお迎えしたい」とコメント。ファンの期待を煽った。

同セレモニーではマリオ、ボニエ氏のほか、本プロジェクトを中心となって推進していく宮本茂氏(任天堂株式会社 代表取締役 クリエイティブフェロー)、マーク・ウッドベリー氏(ユニバーサル・パークス&リゾーツ バイスチェアマン 兼 ユニバーサル・クリエイティブ プレジデント)も登壇。マリオとともに「ハテナブロック」を突き上げ、「スーパーキノコ」や「1UP キノコ」、「スター」、「コイン」など、マリオのアイテムを模した大量のコンフェティーや、色とりどりのパイロが空高く舞い上がり、華々しい幕開けを飾った。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

(C)&(R) Universal Studios. All rights reserved.

最終更新:6/8(木) 16:45
cinemacafe.net