ここから本文です

モナコ、ジャルディム監督と2020年まで契約延長「我々の野心を示している」

6/8(木) 12:06配信

ISM

 モナコ(フランス)は現地時間7日、レオナルド・ジャルディム監督(42)と新たに2020年までの契約を結んだ。公式ウェブサイトとツイッターで発表している。

 モナコは今シーズン、公式戦150得点以上を記録する攻撃的なサッカーを披露。リーグ戦では102得点29失点、得失点差は73と圧倒的な成績を収め、2位のパリSGに勝ち点8差をつけて17年ぶりの戴冠を果たした。また、チャンピオンズリーグでもマンチェスターC(イングランド)やドルトムント(ドイツ)といった強豪クラブを退け、準決勝進出を果たした。

 チームを率いたジャルディム監督は、それらの手腕が評価され中国クラブから破格のオファーを受けていたと報じられていたが、さらに3年間クラブにとどまることになる。

 クラブは同監督が「このプロジェクトを続け、クラブの成長に貢献し続ける野心」を持っていると強調。ヴァディム・ヴァシリエフ副会長は「欧州サッカー有数の指揮官で、関心を寄せられたにもかかわらず、彼はモナコで続投することを選んだ」「我々の野心を示している」と、指揮官続投を喜んでいる。(STATS-AP)

最終更新:6/8(木) 12:06
ISM

Yahoo!ニュースからのお知らせ