ここから本文です

URBAN DANCE、川喜多美子 + 成田 忍 + 砂原良徳の共作曲をシングルカット

6/8(木) 18:19配信

CDジャーナル

 2015年に成田 忍、小山謙吾、松本浩一のオリジナル・ラインナップで復活を果たし、翌年には『Two Half』(1986)以来実に30年ぶりのニュー・アルバム『U-DNA』をリリースした伝説的エレクトロニック・バンドURBAN DANCEが、同作からのシングルカット「6月の雨 -IN THE BORDER TOWN-」を永田一直率いる「ExT Recordings」より7inchヴァイナル(EXT-708 税込1,620円)でリリース。6月28日(水)の発売が決定しています。

 「6月の雨 -IN THE BORDER TOWN-」は、作詞を川喜多美子(D-DAY)、作曲を成田 忍、編曲を砂原良徳(METAFIVE)と成田 忍が共同で手がけた楽曲。ヴァイナル化にあたり、砂原が新たにエディット / リマスタリングしています。カップリングには、高橋幸宏がプロデュースを務めたデビュー・アルバムの収録曲「ひとコマの雨 -I'm On Your Side-」(作詞 吉田美奈子 / 作編曲 成田 忍)を、永田一直とCHERRYBOY FUNCTIONが再構築したヴァージョンを収録。アートワークは画家・近藤さくらと映像作家・浮舌大輔、デザインはMATERIAL(CARRE)が担当しています。

 なお、本作は6月24日(土)に東京・渋谷 Last Waltzにて開催される成田 忍 aka UD-ZERO出演のライヴ・イベント〈TOKYO MOR 7th stage〉にて先行販売予定。

最終更新:6/8(木) 18:19
CDジャーナル