ここから本文です

宇佐美貴史、出場なしも日本代表合宿参加を「有意義な時間」と振り返る理由

6/8(木) 17:35配信

GOAL

アウグスブルクに所属するFW宇佐美貴史は合宿への参加がポジテイブなものになったと振り返った。

宇佐美は5月28日から海外組による事前合宿にバックアップメンバーとして参加。乾貴士らの負傷があってシリア戦のメンバーとして追加招集されていたが、結局シリア戦で出場機会は訪れず、当初の予定通りイラク戦を前にチームを離れることになった。それでも宇佐美は「来られて良かったと思います」とコメントし、以下のように続けた。

「合宿に来るまでに、3日ほどゆっくりする時間があって、そこでもすごく良いオフは過ごせましたし、1シーズン通して疲れてないんで、休む必要もないかなと思っていた中で呼んでもらえました。厳しいトレーニングをしっかり積んで、良い選手たちと生活をともにして、僕としてはすごくメリットが大きかったかなと思います。有意義な時間になったと思います」

また、宇佐美はヴァイッド・ハリルホジッチ監督と来季についての話もしたようで、「そういう話もしましたね。どういうふうに僕が考えているかや、彼がどう考えているかというところもすり合わせというか、そういう話は少ししました。試合に出るのもそうですし、クラブとしての戦い方、自分がどう戦ってどこで勝負していくかってところも少し話ができました」と語った。リーグ戦での出場が11試合に留まるなど、満足とは言えないシーズンを過ごした宇佐美にとって、充実した時間を過ごすことができたようだ。

GOAL

最終更新:6/8(木) 17:35
GOAL