ここから本文です

澄み切った氷のこだわり 南アルプス天然水のかき氷がこの夏登場

6/8(木) 20:05配信

アスキー

「南アルプス天然水」を凍らせたかき氷がこの夏登場。素材は水源の北杜市にこだわったものを使う。

 サントリー食品インターナショナルは6月8日、「南アルプスの天然水かき氷」を発表した。発売日は7月15日で、価格は「北杜のいちごみるく」が600円、「北杜の高原みるく」が500円。
 
 中央道八ヶ岳パーキングエリアなど、北杜市内の飲食施設4ヵ所で8月下旬まで販売。氷は雑味のないすっきりとした味わいで、シロップのおいしさをぐっと引き立てるという。シロップにはいずれも北杜市産のいちごとミルクを使用。氷の削り方はかき氷の名店「埜庵(のあん)」の石附浩太郎氏が指導。削り方の技術を実際に習得し、ふわふわの食感が愉しめるかき氷を提供できる人物を“南アルプス「水の山」プロジェクト認定かき氷マイスター”として認定する。
 
 
文● 天野透/ASCII

最終更新:6/8(木) 20:05
アスキー

Yahoo!ニュースからのお知らせ