ここから本文です

ホンダ、自動運転「レベル4」を実用化へ 2025年目標

6/8(木) 17:53配信

レスポンス

ホンダは6月8日、現在開発を進めている自動運転について、2025年頃をめどに、「レベル4」の技術的な確立を目指すと発表した。

米国の自動車技術者協会のSAEは、ゼロから5までの6段階の能力に基づいて、自動運転のレベルを定義づけ。SAEのレベル4とは、ドライバーが制御を再開する必要がある場合を除いて、ほとんどの運転状況において、車両がドライバーに代わって運転操作を行うことを意味する。

ホンダは2020年に高速道路での自動運転技術を実現し、その後一般道に拡大する計画。高速道路での自動運転は、複数車線での自動走行を可能とするドライバーの指示が不要な自動車線変更機能や、渋滞時にドライバーが周辺監視を行う必要がない自動運転の実用化を目指している。

ホンダの八郷隆弘社長は、「ホンダは2025年ごろに、レベル4の自動運転の技術を確立するべく努力している。自動車を危険な状況から遠ざけ、車の周りの人々が危険にさらされないようにする自動運転を提供することにより、顧客に信頼感と信頼感を提供していく」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/8(木) 17:53
レスポンス