ここから本文です

ディーン・フジオカに共演陣メロメロ!? 萬田久子「わかってても騙され続けてあげる」

6/8(木) 22:46配信

cinemacafe.net

ディーン・フジオカが朝ドラ「あさが来た」の西谷真一監督とのコンビで結婚詐欺師を演じる映画『結婚』の完成披露試写会が6月8日(木)に開催。ディーンさんに西谷監督、共演の柊子、中村映里子、松本若菜、安藤玉恵、萬田久子、貫地谷しほりが舞台挨拶に登壇した。

【画像】『結婚』完成披露試写会に登壇したキャスト陣

客席はほぼ全員女性! ディーンさんが姿を見せると、劇場は黄色い歓声に包まれ、まるでアイドルのコンサート会場のよう! これには共演の女性陣も驚いたようで、貫地谷さんは「ディーンさんとアイドルグループを組んでるみたいで気持ちいい」と語り、安藤さんも「ここからみなさんを見ていると、笑顔で嬉しいです」とうなずいていた。

ディーンさんが演じた結婚詐欺師の古海(うるみ)は女性を虜にし、結婚を約束するも裏切り、それでも愛されるというなんとも不思議な男。ディーンさんは「犯罪者なので、どうしたもんかな…? と(笑)。結婚詐欺は犯罪です! でも、そういう生き方を選ばざるをえなかった理由もあり、そこでキャラクターを掘下げていく中で、共感できるところ、ほっとけないと思えるところがあった。関わりたくないけど、目をそらすことができない魅力的なキャラクターになればと思いました」と語る。

会場からは「騙して!」との歓声も上がり、これにはディーンさんも苦笑。そんな彼と共演した女優陣からは、撮影現場でも完璧なディーンさんの素顔にまつわるエピソードがゾクゾク! 柊子さんは初対面でいきなり、ダンスシーンで身体を密着しなくてはならず、緊張したそうだが「優しく声を掛けてくださり、全部委ねちゃいました!」とうっとり。

中村さんは「いつもカッコいいんです。変なところも見られるかな? と思ったけど、ディーンさんはいつもディーンさん。プロフェッショナルに徹底されていて尊敬しました」と語る。松本さんもこの言葉に同意し「意地悪心で『何かないのか?』と思ってたけど、常に完璧! 常に真摯! これは惚れてまうやろ(笑)!」と白旗をあげる。

萬田さんはディーンさんの魅力について「遠いところを見ているようなところ」と語り「女性のハートとしては『私の方を向いて!』ってなる感じ。でも、それはテクニックじゃなく生まれ持っての魅力だと思う。ディーンが結婚詐欺師だったら、わかっていてもずっと騙され続けてあげようって思う」とメロメロ!?

女性陣からの絶賛にディーンさんは「みんな、モチベーションが高く、ディスカッションすることも多かったし、真面目すぎたんですかね」と照れくさそうに語っていた。

改めて、ディーンさんに「結婚とは何か?」と尋ねると「誓いですよね。約束して、コミットして…。誓い合った者同士が、よりよい未来を作り上げるために努力していく契約。ネクストレベル目指して努力していこうって感じです」と語り、自身のプロポーズのシチュエーションについて「すごくシンプルでした。何も用意してなくて、その場で『言わなきゃマズい!』と思って勢いで言いました」と明かしてくれた。

『結婚』は6月24日(土)より全国にて公開。

最終更新:6/8(木) 22:46
cinemacafe.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ